【ポケモンSM】ぽっぷこ~んのゆっくり実況ブログ

ポケモンSMのゆっくり実況を行っていくぽっぷこ~んと申します。 当ブログでは、実況動画で扱ったポケモンの調整やダメージ計算など 動画では確認に手間のかかる部分を掲載します。

    フシギバナ
    フシギバナ
    特性 ようりょくそ→あついしぼう
    性格 ずぶとい
    努力値 HB252 D4

    もちもの
    メガストーン



    エナジーボール
    やどりぎのたね
    こうごうせい
    どくどく

    説明
    物理受けフシギバナ
    草タイプでありながら特性により耐性が優秀で弱点が少なく、数値もかなり良いポケモン
    受けルで厳しいガッサを見れるのが大きい
    また、受けループストッパーの挑発レヒレ対策用、コケコもいける、テテフは事故

    草タイプでありながら炎等倍なのでめざ炎があればテッカグヤを完封できる
    が、めざ炎の厳選がめんどうだったのでしていない(省エネ)
    めざ炎があれば・・・と悔やむことがかなり多いので(特にナットレイ)これを見ている方は厳選を頑張ってほしい
    あと光合成はPPが少ないので必ずPPをあげること!

    受けループに組み込んでいるが、受けループに強いポケモン
    特に最近増えたドヒドイデ、ブルルなどに強くどくびしも回収できる
    ちなみに、強いといっても泥仕合は回避できず(ドヒドイデ側にできることはないから降参しろ)
    PP切れ、時間切れを狙うしかない

    ちなみにメガシンカすれば剣舞のないバシャーモもみれるので選出でヤドランと被ったときはバナの採用も十分ありえる

    攻撃技の選択肢はそれなりにあり
    毒を採用するか草を採用するかは地面、水タイプの重さ次第で変えるイメージ
    基本的には毒の方が優秀
    両方入れても良いので、技スぺに常に困る
    なんならはたきおとすや締め付けるまで覚える(笑)

    ねむりごなは裏に抜きエースがいる場合には採用できるが、
    ラキムドーなどでサイクルを回す場合、3ターン眠ったところで大した打点にならないこともあり微妙
    みがわりを剥がせる可能性が出てくるくさぶえの方がマシ

    ヤドラン

    ヤドラン
    特性 再生力→シェルアーマー
    性格 ずぶとい
    努力値 H252 D100 残りB

    もちもの
    メガストーン



    ねっとう
    火炎放射
    なまける
    あくび←思ってた以上に使わない


    説明
    受けループに採用されるヤドラン
    努力値配分はテンプレより汚いヤドランの面汚し
    テンプレはH244D100・・・みたいな感じでHPが奇数になり、余った値をCやSなどにも回せる
    ちなみにD振りのメリットはメガルカリオのわるだくみきあい玉を耐えること
    そこを見ないならBかSに振ることも視野に入れて良さそう
    1世代前はSに少し(20?)振ることで麻痺状態の130族を抜けたが、今ではそれができない

    バシャーモは1世代前であれば確実に狩れたが現在はソラビを草Zすることで突破される可能性がある
    ヤドラン、水妖くらいにしか通用しないが水妖はDが高いので耐えるしヤドランピンポ感があり採用率は低い

    自分のパーティでは、ステロやらまきびしを撒くのであくびを採用しているが毒も使うので微妙
    テンプレ通り鉄壁がオススメ
    抜群であってもミミッキュが比較的簡単に受かる(特化1舞でほぼ丁度確定2なので)
    Zゴースト持ちはあきらめよう!
    鉄壁は前作の教え技なのでこいつはもう覚えられない

    進化前の特性はほぼ再生力1択だったが、ちょうはつ持ちのレヒレが増えているので鈍感もありかもしれない
    前者は回復にターンを割かなくていいので攻撃回数が増えるので、速度が上がって事故が減るようになり、メガシンカしない選択を考えることができる(考えなければいけない場面もある)
    後者は夢特性ではないので、厳選が楽なうえ役割対象が決まっているので初心者向けかもしれない

    バンギラス

    バンギラス
    特性 すなおこし
    性格 いじっぱり
    努力値 HD252 A4

    もちもの
    ラムのみ



    ストーンエッジ
    かみくだく(orじしんorでんじは)
    ステルスロック
    おいうち

    説明
    調整すると強いがしていないバンギラス
    A60振りいじっぱりでおいうちでH252メガゲンガーを砂嵐込みで後出しでも確定で落とせるらしい(していない
    最低限仕事はするのでそれほど問題なかったりする
    基本的には追い打ち連打で処理できるが初撃で守るをしてきた場合、ほぼかなしばり持ちなので次のターンはかみくだくを選択することが多い

    攻撃技の優先度は現環境ではエッジ>かみ砕くだと思われる
    炎タイプは全抜きアタッカーが多いので何としても阻止したい相手が多く、ステロが目の前の相手に通らないので優先度があがる
    反対にかみ砕くは本来一貫性が高いが、目の前の相手に打つなら追い打ちがある点やフェアリーが増えているので思っているより一貫性が取れないことがあるので優先度は下がる
    とはいえ命中安定技なので入れたい気持ちがつよいので入れた
    クレセリアなど見れる相手もいるのでバシャやドリュウズと組む場合などクレセを意識するなら入れておいて損はないはず

    でんじはは前作より命中、効果ともに弱体化したので優先度が下がったが、それでも強力であると思う
    特にバシャと組む場合にはスカーフの警戒が必要なくなるなどのメリットが大きい
    また、でんじはを入れる場合にはSを20振ることで最速100族を抜けるようになるのでオススメ(ドーピング2回なので調整も楽チン)
    そうすることでとりあえずの電磁波でリザYの後出しを許さない、ウルガモスを抜けるなど小さなメリットがある
    (あまり後出ししてこないとは思うが100族抜きは大きいはず)

    エアームド(1)

    エアームド
    特性 がんじょう
    性格 わんぱく
    努力値 HB252 S4

    もちもの
    ゴツゴツメット
    レッドカード



    はねやすめ
    ほえるorてっぺき
    ステルスロック(まきびし)
    どくどくorドリルクチバシorがんせきふうじorアイアンヘッドなど

    説明
    固有タイプではなくなってしまったポケモン
    とはいえ今流行りのバンドリマンダにやや強いタイプの優秀な子
    テッカグヤとは違い、はねやすめやステロ、まきびし、吠えるなどサポート向けの技を覚えるのが特徴
    火力やサイクル性能、特殊耐久は劣っているのでやや受けループ向け

    頑丈があるので強引に起点作りができるのも地味だが優秀な点なので活かしたいところ
    特にはねやすめがあり、がんじょうを再利用できるのも便利
    積みアタッカーを流すときや特殊アタッカーの前で毒やステロを撒く、天候やフィールドターンを稼ぐなど
    便利な場面はかなり多い

    現状炎タイプのアタッカーの攻撃はフレドラがメインなので
    ゴツメ2回+反動でかなり削ることができる
    どうしても削りたい場合には頑丈を利用してはねやすめをいれることでさらにダメージを稼げることも覚えておいて損はないはず

    ほえるはかなり便利な技ではあるが、優先度がマイナスで後攻になってしまうため運用には注意が必要
    剣の舞を積んだアタッカーを流した後に特殊アタッカーを呼んでしまい次のサイクルを回せない・・・なんてことも多々ある
    そんなデンジャラスを好まない人はてっぺきがオススメ、急所引かなければ落とされないし引いても頑丈で生きたりする

    ガルーラは見れない訳ではないが大体炎技を持っているので警戒が必要
    グロパンさえ防げばいいというときには問題なくだせる
    また、大文字以外であれば1度は仕事ができる

    ステルスロックは便利だが、受けルをする場合、意外と覚えるポケモンが多いのでまきびし採用もあり
    特に鋼や毒タイプ、電気タイプを呼びやすく、対処に困る(めんどくさい)ことが多々あるのでそこに抜群が取れるのは大きい
    また、ステロは1度撒いてしまえば終わりなのに対して、まきびしは3度撒けるのも相手の精神への負担が大きくなる(ゲス顔)
    3度撒いてしまえば、ジバコイル、ヒードランは即死、ドヒドイデの再生力以上のダメージが取れるなどかなりのアドバンテージになる

    ラッキー
    ラッキー
    特性 自然回復
    性格 図太い
    努力値 HB252 D4

    もちもの
    しんかのきせき



    ステルスロック
    どくどく
    たまごうみ
    ちきゅうなげ
    (うたうorでんじはなど)

    説明
    ピンクの悪魔
    特殊方面ではまず死なないことで悪名高いポケモン

    HB252振りすることで物理方面にもやたらと強くなることを知る人は少なく
    持ち物がなければガブリアスのげきりんが受かる(確定3)
    ちなみにA特化メガガルーラのすてみタックルは乱数2発(8%くらい)←HBラッキーを突破する最低ライン
    ステルスロックをどうしても撒きたい場合にも使いやすく、
    持ち物のないバシャーモのとびひざげりは確定で耐えることができる

    基本的には毒をいれてたまごを産んでいるだけで仕事をする
    はがねタイプへも地球投げを入れて削れるので全く仕事をしないことは珍しい
    ゲンガー、ギルガルドに対しては無力なので注意

    特殊耐久は無振りでもハピラキを除いたすべてのポケモンのD特化ポケモンより高いので
    よほどのことがない限りは無振りであっても困ることはない
    とはいえ、トンボルチェンを繰り返えされるとステロ以上のダメージが入るので気を付ける必要がある
    (どちらも誰が使っても受かるので居座れるが交換読み交換されるので)
    その他さいみんZデンジュモクや挑発+怒りもちのカプは厳しい

    起点作りだけに特化するのであれば、でんじはも使いやすい
    特にラッキーに対してはどくどくのイメージが強いのか鋼を投げられることが多く、
    ルカリオ、ゲンガーなどに対してよく刺さる

    そして、禁断の技として歌うがある
    命中は不安定だが耐久をかさにして無理やり眠らせることができる
    また、みがわりを貫通するのでラッキーにはみがわり安定と思っている奴らをカモれる場合がある

    このページのトップヘ